Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

『ファミリー・プロット 』(Family Plot)は、 1976年のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督の最後の作品である。

日本初上映時の邦題は『ヒッチコックのファミリー・プロット』。

原作はヴィクター・カニング(英語版)の1972年の小説『階段(英語版)』(立風書房:1974年に翻訳刊行)。

 ・ amazon : Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

 ・ Youtube : Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

Family Plot (1976) / ファミリー・プロット のあらすじ

インチキ霊媒師ブランチは、相棒のジョージ(ブルース・ダーン)が調べた情報を元に依頼人の過去を伝えて金銭を得ていた。ある日、ブランチはいつものように資産家のジュリア・レインバードを相手にインチキ霊媒を行うが、彼女が未婚の妹が生んだ子供を世間体を気にして養子に出したこと、その子供に全財産を譲ろうとしていることを聞かされ、「子供を見付け出してくれれば1万ドルの報酬を渡す」と告げられる。早速、ブランチはジョージに子供を探すように頼むが、彼はブランチのせいで本業のタクシー運転手の仕事が疎かになっていることを理由に断ろうとするが、1万ドルの報酬の話を聞き子供を探し始める。調査の結果、子供の名前が「エドワード・シューブリッジ」ということを突き止めたが、彼は義父母と共に火事で死んでいたことが発覚する。しかし、彼の墓が義父母の墓と比べて新しいものだと気付いたジョージは調査を進め、マロニーという男がエドワードの死亡証明申請を行っていたことを知る。
続きを読む Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

Frenzy (1972) / フレンジー

『フレンジー』(Frenzy)は、1972年公開されたイギリス映画であり、スリラー映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の最後から2番目の作品。久々に故郷のイギリスに戻って撮影し、評価を落としつつあったヒッチコックの復活作と評された。

原作はアーサー・ラ・バーンの小説『フレンジー』(原題:Goodbye Piccadilly, Farewell Leicester Square : 日本語訳が角川文庫から刊行された)。

 ・ amazon : Frenzy (1972) / フレンジー

Frenzy (1972) / フレンジー のあらすじ

ロンドン。かつて空軍で英雄だったが現在はうらぶれた生活を送っているリチャード・ブレイニー(ジョン・フィンチ)は、離婚した妻のブレンダ(バーバラ・リー・ハント)が絞殺される直前に会っていたため、ネクタイを使った連続殺人の容疑者として追われることになる。しかし犯人はブレイニーの友人ラスク(バリー・フォスター)だった。ブレイニーが逃亡を続ける間もラスクは犯行を重ね、ついには自分の罪をまんまとブレイニーに着せてしまう。事件を追っていたオックスフォード警部は逮捕されたブレイニーの態度を見て釈然としないものを感じ、再調査の結果、ラスクが真犯人と確信する。そこにブレイニーが脱走したという報が。オックスフォード警部は、復讐に向かったに違いないとラスクのアパートに急ぐ。そこで警部が見たものは、女性の死体とバールを持ったブレイニー。だが、死体を処理するためのケースを持って、ネクタイを締めていないラスクが二人の前に現れる。

Topaz (1969) / トパーズ

『トパーズ 』(Topaz)は、 アルフレッド・ヒッチコックの監督による1969年公開のアメリカ映画。1968年から1969年にかけて製作された。原作はレオン・ユリスのベストセラー小説である。

 ・ amazon : Topaz (1969) / トパーズ

Topaz (1969) / トパーズ のあらすじ

東西冷戦の真っ只中、ソ連のKGB副長官の要職にある人物がアメリカへ亡命を企て、彼の証言からキューバに対しソ連がミサイルの搬入をしている事実が発覚する。キューバ危機の始まりであった。CIAは先のピッグス湾事件でキューバに対するコネをなくしていたため、フランス情報部のデベロウ(フレデリック・スタフォード )にキューバ潜入を依頼することとなる。主人公はフランスの諜報機関に席をおく「アンドレ(フレデリック・スタフォード)」で、家族は妻「ニコール(ダニー・ロバン)」と娘「ミシェル(クロード・ジャド)」と娘の夫の「フランソワ(ミシェル・シュボール)」とニューヨークで過ごす計画だった。 なお、標題の「topaz」とは旧ソ連に通じたフランス高官をさすコードネームという。

Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン

『引き裂かれたカーテン』(ひきさかれたカーテン、原題:Torn Curtain)は、1966年のアメリカ映画。冷戦時代のドイツを舞台にしたスリラー映画。

 ・ amazon : Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン

Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン のあらすじ

原子物理学者マイケル・アームストロング(ポール・ニューマン)は学術会議に出席するため、アシスタントで婚約者のサラ・シャーマン(ジュリー・アンドリュース)と共に船でコペンハーゲンに向かっていた。しかしコペンハーゲンに着く前、マイケルはある文書を受け取り、急に「ストックホルムで研究活動を続ける」と言い出した。コペンハーゲンに着いて早々、書店から受け取った本に隠された暗号に従い東ベルリン行の飛行機に乗るマイケルを不審に思ったサラは、彼のあとを追う。

到着した東ベルリンでは、西側記者も招いた記者会見でマイケルの亡命受け入れとカール・マルクス大学での教授職就任が大々的に発表される。困惑するサラを、東ドイツ保安省の役人ゲルハルトはマイケルと東側の研究に協力するのなら留まっても良いと諭す。しかし翌朝、マイケルはサラに「国に帰れ」と置き手紙を残し、監視役の目を感じつつ暗号が示した存在「π(パイ)」と接触するため、郊外の農園へと向かうのだった。

果たしてマイケルは売国奴なのか、科学者を装ったスパイだったのか。謎と危険に満ちた東側陣営の中で、サラは驚くべき事実を知る。

Marnie (1964) / マーニー

『マーニー』(Marnie)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1964年のアメリカ映画。原作はウィンストン・グレアムの1961年の小説『マーニー』(原題:Marnie)。

 ・ amazon : Marnie (1964) / マーニー

Marnie (1964) / マーニーのあらすじ

幼いときのトラウマから赤色を極端に恐れ、盗癖があるなど異常な行動を取ってしまう女性マーニー(ティッピー・ヘドレン)と、彼女を救おうと奮闘する夫マーク(ショーン・コネリー)の姿を描いたミステリーサスペンス。

The Birds (1963) / 鳥

『鳥』(とり、The Birds)は、1963年のアメリカ合衆国の映画。ジャンルは生物パニックもののサスペンス。アルフレッド・ヒッチコック作品。原作はダフネ・デュ・モーリアによる同タイトルの短編小説。1970年代に量産された動物パニック映画の原点でもある。

 ・ amazon : The Birds (1963) / 鳥

 ・ Youtube : The Birds (1963) / 鳥

The Birds (1963) / 鳥 のあらすじ

若きソーシャライトのメラニー・ダニエルズ(ティッピ・ヘドレン)は、サンフランシスコのペットショップでミッチ・ブレナー(ロッド・テイラー)という弁護士に出会う。ミッチは、11歳になる妹の誕生日プレゼントにつがいのラブバードを探していたが、店内にはなく諦める。ミッチに興味を持ったメラニーは、カリフォルニア州ボデガ・ベイの彼の住所を探し出し、彼を驚かそうとつがいのラブバードを購入する。何時間もかけて運転し、モーターボートで湾を渡り、ミッチの家の中に手紙とラブバードをこっそり置いていく。しかしメラニーがボートで水上を走っているところを、ミッチに見つかってしまう。ミッチは彼女を追いかけるが、その途中、メラニーは突如カモメに攻撃され、額に怪我を負う。メラニーを捕まえたミッチは、彼女を夕食まで残るように諭す。

Psycho (1960) / サイコ

『サイコ』(Psycho)は、1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・スリラー系のサスペンス映画で、全編モノクローム映像。脚本はジョセフ・ステファノ、作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。

 ・ amazon : Psycho (1960) / サイコ

 ・ Youtube : Psycho (1960) / サイコ

Psycho (1960) / サイコ のあらすじ

不動産会社に勤めるマリオン(ジャネット・リー)は、ふとした出来心で会社の4万ドルを横領してしまった。夜になって降り出した豪雨をさけるべく、彼女は旧道沿いの寂れたベイツモーテルを一夜の宿に選ぶ。
管理人はハンサムだが、どこか暗い影を宿した青年ノーマン(アンソニー・パーキンス)。
実直で誠実な彼と語らうことで、自分の過ちに気付いたマリオンは、自室に戻ってシャワーを浴びようとするが、そこに突如ナイフを持った人影が現れる・・・!

North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

『北北西に進路を取れ』(ほくほくせいにしんろをとれ、原題: North by Northwest)は、1959年製作のアメリカ合衆国の映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・レーマン、主演はケーリー・グラント。

 ・ amazon : North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

 ・ Youtube : North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ のあらすじ

広告代理店を経営するロジャー・ソーンヒル(ケイリー・グラント)は、いきなりニューヨークのホテルから、二人の男に連れ出される。ある人物と勘違いされ、いわれのない仕事への協力を強いられる。それを断ったとたん、事故に見せかけ殺されそうになる。逃げるロジャー。しかし行く先先で新たな事件に巻き込まれていく。果たして、彼が間違われた男の正体とは…。そしてこの事件の真相とは…。

Vertigo (1958) / めまい

『めまい』(Vertigo)は、1958年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるアメリカ映画。パラマウント映画製作。原作はフランスのミステリー作家、ボワロー=ナルスジャック(ピエール・ボワロー、トマ・ナルスジャック)の『死者の中から』。舞台はサンフランシスコを中心に繰り広げられる。

 ・ amazon : Vertigo (1958) / めまい

Vertigo (1958) / めまい のあらすじ

高所恐怖症のために刑事を辞めた男(ジェームズ・スチュワート)が、友人から妻(キム・ノヴァク)の監視を依頼される。やがて彼女は教会の鐘楼から飛び降りてしまうのだが、彼女を止めることのできなかった彼はそれがトラウマとなり、やがて街で彼女そっくりの女性と出会うが…。

The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

『間違えられた男』(まちがえられたおとこ、The Wrong Man)は、1956年のアメリカ合衆国の映画。

 ・ amazon : The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

The Wrong Man (1956) / 間違えられた男 のあらすじ

ニューヨークのクラブで働くミュージシャンのマニー(ヘンリー・フォンダ)は、妻ローズ(ヴェラ・マイルズ)と共に貧しい生活を送っていた。妻のために歯の治療費を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って保険会社のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため、警察により連行されてしまう。

アルフレッド・ヒッチコックの映画