Lifeboat (1943) / 救命艇

『救命艇』(きゅうめいてい、Lifeboat)は、アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画。1943年制作、1944年公開。
狭い艇内に集った数名の男女による漂流を描いたジョン・スタインベックの小説を、ジョー・スワーリングが脚色、ヒッチコックが巧みな心理描写をいかして密室サスペンスに仕上げた。

Lifeboat (1943) / 救命艇のあらすじ

第二次世界大戦下、イギリスに向かう途中であった客船がドイツ軍のUボートの攻撃を受け沈没してしまう。辛くも撃沈された船から逃れた男女数名は、1隻の救命艇に乗り合わせる。攻撃したUボートも連合国軍の攻撃で撃沈されるが、奇しくもその乗組員が新たな避難者として救命艇に加わる。

関連記事

  1. Rebecca (1940) / レベッカ

  2. Under Capricorn (1949) / 山羊座のもとに

  3. Saboteur (1942) / 逃走迷路

  4. Foreign Correspondent (1940) / 海外特派員

  5. Shadow of a Doubt (1943) / 疑惑の影

  6. Suspicion (1941) / 断崖

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。