Saboteur (1942) / 逃走迷路

『逃走迷路』(とうそうめいろ、原題: Saboteur)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1942年のアメリカ映画。自由の女神像での場面がクライマックス。

Saboteur (1942) / 逃走迷路のあらすじ

カリフォルニア州グレンデールの航空機製造会社で働くバリー・ケイン(ロバート・カミングス)は、軍需工場への破壊工作(仏: sabotage サボタージュ)の濡れ衣を着せられる。親友のメイソンに渡した消火器にガソリンが詰めてあり、被害が拡大したとして事件の容疑者に仕立てられる。手がかりはバリーに消火器を渡した男フライ(ノーマン・ロイド)だったが、従業員ではなかった。

バリーは事件の前にフライが落とした封筒にあった住所「ディープ・スプリングス牧場」に向かう。だが、大牧場主のトビン(オットー・クルーガー)はフライという男など知らない、と言い放つ。トビンの孫がテーブルにあった手紙を無邪気にバリーに渡す。フライからの電報で「ソーダシティに向かう」と書いてあった。しかし、トビンの電話で駆けつけた警察にバリーは逮捕される。護送中、隙をついてバリーは橋から飛び降りて逃げる。人目のつかない小屋に避難し、盲目の紳士ミラー(マーティン)に助けられる。広告の看板娘にもなっている姪のパット(プリシラ・レイン)は「市民の義務」だからと当局に引き渡そうとするが、無実を主張するバリーに心動かされ、犯人捜しを手伝うことに。サーカスの一団に匿われたり、捜査網をくぐり抜けたりするうちに、2人は愛し合うようになる。

ソーダシティで2人は廃墟の中にナチの破壊工作員たちの連絡場所を見つける。工作員に接触し、自分もメンバーのふりをしてニューヨークに発つ。

ニューヨークで、バリーはパーティーが開催中の豪華マンションに連れて行かれる。そこには逃れたはずのパットが警察に事実を話そうとしたとして捕えられていた。バリーはパーティーの客たちに主催者がナチの工作員であることを告げようとするが失敗。地下に監禁される。スプリンクラーを作動させ、消防隊を呼び、騒ぎに乗じてマンションを逃げ出す。新聞でブルックリンのキアニーヤードで進水式があることを知ったバリーは工作員のひとりが何度も「キアニー」という言葉を口にしていたことを思い出す。彼らの目的は、戦艦アラスカ号爆破だったのだ。造船所に急行したバリーはついにフライともみ合う。ロックフェラー・センターから自由の女神像へと逃げ、パットが追いかける。そこへバリーや警官たちが船で追いかけてくる。フライは窓から外に逃げ、バリーが追いかけるが、足を滑らせたフライを助けようとする。しかし、袖が徐々に破れてきてフライは落下して死ぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です