Shadow of a Doubt (1943) / 疑惑の影

『疑惑の影』(ぎわくのかげ、英語: Shadow of a Doubt)は、1943年(英語版)のアメリカ合衆国のサスペンス映画。原作はゴードン・マクドネル、主演はテレサ・ライトとジョゼフ・コットン、監督はアルフレッド・ヒッチコック。1958年にハリー・ケラー(英語版)監督作品『Step Down to Terror』としてリメイクされた。

Shadow of a Doubt (1943) / 疑惑の影のあらすじ

カルフォルニアの静かな田舎町サンタ・ローザの駅に、謎の男チャーリー・オークリー(ジョゼフ・コットン)が降り立った。未亡人連続殺人事件の容疑者として警察に追われる身のチャーリーは、体調を崩し、姉の嫁ぎ先であるニュートン家を頼って来たのだ。

ニュートン家の長女で、叔父と同じ名前を持つ娘チャーリー(テレサ・ライト)は、田舎暮らしを退屈に思い、羽振りのいい実業家の叔父に憧れていた。そんな姪っ子に、高価な指輪をプレゼントする叔父のチャーリー。だが、その指輪には、見知らぬ他人のイニシャルが彫り込まれていた。

ニュートン家を、政府の調査員と称する二人の男が訪れた。この二人は、実は東部から派遣された刑事だった。刑事の一人である青年ジャック・グラハム(マクドナルド・ケリー)は、美しい姪のチャーリーに好意を持ち、叔父にかけられた容疑を話して協力を求めた。

家族には何も語らず、一人で叔父と対峙する姪のチャーリー。叔父は容疑を否認し、騒ぎ立てれば家族の名誉も損なわれると姪を脅した。叔父は本当に無実なのか? 疑問を深める姪っ子に、町を出ると話す叔父のチャーリー。見送りのために列車に乗り込んだ姪のチャーリーは、叔父と最後の対決をすることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です