The Paradine Case (1947) / パラダイン夫人の恋

パラダイン夫人の恋(The Paradine Case)は、1947年の米国映画。「白い恐怖」「汚名」に続く、ヒッチコック監督、アメリカ時代の作品(セルズニック製作、1947年)。撮影はリー・ガームス、音楽はフランツ・ワックスマン。主演は「白い恐怖」のグレゴリー・ペックと、「第三の男」のアリダ・ヴァリで、チャールズ・ロートン、チャールズ・コバーンらが助演している。

The Paradine Case (1947) / パラダイン夫人の恋のあらすじ

近代のロンドン。目の不自由なパラダイン大佐が殺害され、夫人(アリダ・ヴァリ)が提訴される事件が起こる。裁判を担当することになった弁護士アンソニー(グレゴリー・ペック)は、やがて夫人の美しく妖しい魅力にとりつかれ、彼女の無実を証明しようと躍起になるのであった。しかし疑いの目が大佐の世話人ラトゥールに向いたことからアンソニーは事件の意外な真実に気づいてゆく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です