Psycho (1960) / サイコ

『サイコ』(Psycho)は、1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・スリラー系のサスペンス映画で、全編モノクローム映像。脚本はジョセフ・ステファノ、作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。

 ・ amazon : Psycho (1960) / サイコ

 ・ Youtube : Psycho (1960) / サイコ

Psycho (1960) / サイコ のあらすじ

不動産会社に勤めるマリオン(ジャネット・リー)は、ふとした出来心で会社の4万ドルを横領してしまった。夜になって降り出した豪雨をさけるべく、彼女は旧道沿いの寂れたベイツモーテルを一夜の宿に選ぶ。
管理人はハンサムだが、どこか暗い影を宿した青年ノーマン(アンソニー・パーキンス)。
実直で誠実な彼と語らうことで、自分の過ちに気付いたマリオンは、自室に戻ってシャワーを浴びようとするが、そこに突如ナイフを持った人影が現れる・・・!

  • コメント: 0

関連記事

  1. Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン

  2. Marnie (1964) / マーニー

  3. Topaz (1969) / トパーズ

  4. The Birds (1963) / 鳥

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。