Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

『ファミリー・プロット 』(Family Plot)は、 1976年のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督の最後の作品である。

日本初上映時の邦題は『ヒッチコックのファミリー・プロット』。

原作はヴィクター・カニング(英語版)の1972年の小説『階段(英語版)』(立風書房:1974年に翻訳刊行)。

 ・ amazon : Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

 ・ Youtube : Family Plot (1976) / ファミリー・プロット

Family Plot (1976) / ファミリー・プロット のあらすじ

インチキ霊媒師ブランチは、相棒のジョージ(ブルース・ダーン)が調べた情報を元に依頼人の過去を伝えて金銭を得ていた。ある日、ブランチはいつものように資産家のジュリア・レインバードを相手にインチキ霊媒を行うが、彼女が未婚の妹が生んだ子供を世間体を気にして養子に出したこと、その子供に全財産を譲ろうとしていることを聞かされ、「子供を見付け出してくれれば1万ドルの報酬を渡す」と告げられる。早速、ブランチはジョージに子供を探すように頼むが、彼はブランチのせいで本業のタクシー運転手の仕事が疎かになっていることを理由に断ろうとするが、1万ドルの報酬の話を聞き子供を探し始める。調査の結果、子供の名前が「エドワード・シューブリッジ」ということを突き止めたが、彼は義父母と共に火事で死んでいたことが発覚する。しかし、彼の墓が義父母の墓と比べて新しいものだと気付いたジョージは調査を進め、マロニーという男がエドワードの死亡証明申請を行っていたことを知る。

ジョージの訪問を受けたマロニー(エド・ローター)は、街の宝石商アダムソン(ウィリアム・ディヴェイン)の元を訪れる。アダムソンの正体はエドワードであり、彼はマロニーと組んで義父母を火事に見せかけて殺害していた。マロニーは、正体を探りに来たジョージを殺そうと持ちかけるが、身代金誘拐を行っていたアダムソンは警察に睨まれることを避けるために自分がジョージを探ることを告げる。アダムソンは相棒のフラン(カレン・ブラック)と共にジョージとブランチの身辺を探るが、二人がインチキ霊媒をしていることを知り、危険な存在ではないと判断する。一方、ブランチは教会のウッド司教がエドワードの過去を知っていることを掴み、ジョージを教会に向かわせるが、ウッドは彼の目前でエドワードとフランに誘拐される。二人は身代金として宝石を要求するが、現場にジョージがいたことを知ったエドワードは、彼らを危険視してマロニーに始末を依頼する。

マロニーは「エドワードの情報を教える」と言って、ブランチとジョージを山の喫茶店に呼び出し、二人の車のブレーキに細工を施す。待ち合わせをすっぽかされた二人は車に乗り込み山を下りようとするが、ブレーキが壊されていることに気付き窮地に陥る。車は路肩に乗り上げて停止して二人は助かるが、そこにマロニーが現れて二人を轢き殺そうとする。しかし、対向車線から飛び出して来た車を避けようとしたマロニーの車は山から転落して、彼は死んでしまう。ジョージはマロニーの葬儀に参列し、マロニー夫人からエドワードが「アーサー・アダムソン」と名乗っていることを聞き出す。ブランチはアダムソンを探すように頼むが、ジョージは無断欠勤がバレて仕事に向かうことになり、彼女は一人で街中の「アーサー・アダムソン」の元を訪れて聞き込みを行う。

アダムソンとフランは、身代金のダイヤを受け取りに行くためにウッド司教を監禁部屋から連れ出すが、そこでブランチと鉢合わせになってしまう。1万ドルが手に入ると喜ぶブランチだったが、ウッド司教の姿を見てしまったためエドワードに監禁されてしまう。彼は身代金の受け取りが終わり次第、ブランチを始末することに決め、受け渡し場所に向かう。その頃、仕事途中のジョージは街中でブランチの車を発見し、アダムソンの家に乗り込み彼女を発見する。二人は協力して、身代金の受け取りから戻って来たアダムソンとフランを監禁部屋に閉じ込めることに成功する。ジョージはエドワードとフランが隠したダイヤを見付けようとするが、ブランチが突然本物の霊能力を発揮して、シャンデリアの装飾の中に隠されていたダイヤを見付け出す。ジョージはブランチの霊能力を褒め、警察とレインバードに電話をかける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です