「1950」カテゴリーアーカイブ

North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

『北北西に進路を取れ』(ほくほくせいにしんろをとれ、原題: North by Northwest)は、1959年製作のアメリカ合衆国の映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・レーマン、主演はケーリー・グラント。

 ・ amazon : North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

 ・ Youtube : North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ のあらすじ

広告代理店を経営するロジャー・ソーンヒル(ケイリー・グラント)は、いきなりニューヨークのホテルから、二人の男に連れ出される。ある人物と勘違いされ、いわれのない仕事への協力を強いられる。それを断ったとたん、事故に見せかけ殺されそうになる。逃げるロジャー。しかし行く先先で新たな事件に巻き込まれていく。果たして、彼が間違われた男の正体とは…。そしてこの事件の真相とは…。

Vertigo (1958) / めまい

『めまい』(Vertigo)は、1958年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるアメリカ映画。パラマウント映画製作。原作はフランスのミステリー作家、ボワロー=ナルスジャック(ピエール・ボワロー、トマ・ナルスジャック)の『死者の中から』。舞台はサンフランシスコを中心に繰り広げられる。

 ・ amazon : Vertigo (1958) / めまい

Vertigo (1958) / めまい のあらすじ

高所恐怖症のために刑事を辞めた男(ジェームズ・スチュワート)が、友人から妻(キム・ノヴァク)の監視を依頼される。やがて彼女は教会の鐘楼から飛び降りてしまうのだが、彼女を止めることのできなかった彼はそれがトラウマとなり、やがて街で彼女そっくりの女性と出会うが…。

The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

『間違えられた男』(まちがえられたおとこ、The Wrong Man)は、1956年のアメリカ合衆国の映画。

 ・ amazon : The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

The Wrong Man (1956) / 間違えられた男 のあらすじ

ニューヨークのクラブで働くミュージシャンのマニー(ヘンリー・フォンダ)は、妻ローズ(ヴェラ・マイルズ)と共に貧しい生活を送っていた。妻のために歯の治療費を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って保険会社のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため、警察により連行されてしまう。

The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

『知りすぎていた男』(原題:The Man Who Knew Too Much)は、アルフレッド・ヒッチコック監督による1955年製作、1956年に公開されたアメリカ合衆国のサスペンス映画。

米国人マッケナ医師役のジェームズ・ステュアート主演、同夫人役をドリス・デイが務めた。作中でドリス・デイが歌う『ケ・セラ・セラ』は第29回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。

 ・ amazon : The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

続きを読む The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

The Trouble with Harry (1955) / ハリーの災難

『ハリーの災難』(ハリーのさいなん、原題:The Trouble with Harry)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1955年のアメリカのブラック・コメディ映画。原作はジャック・トレヴァー・ストーリーの1949年の小説『ハリーの災難(早川書房、The Trouble with Harry)』。

 ・ amazon : The Trouble with Harry (1955) / ハリーの災難

The Trouble with Harry (1955) / ハリーの災難のあらすじ

紅葉の季節を迎えたバーモント州のある小さな村。森の中でハリーという男の死体が見つかる。村では様々な理由で「自分がハリーを殺してしまったのでは?」と思い込む人物が何人もいたため、彼らはそれぞれの保身のためにハリーの死体を埋めたり掘り返したりすることになる。やがて村の保安官が動き出し、事態は意外な方向へ展開していく。

To Catch a Thief (1955) / 泥棒成金

『泥棒成金』(どろぼうなりきん、原題:To Catch a Thief)は、1955年のアメリカ映画。

 ・ amazon : To Catch a Thief (1955) / 泥棒成金

To Catch a Thief (1955) / 泥棒成金のあらすじ

ジョン・ロビー(ケーリー・グラント)はかつて「猫」(The Cat)と呼ばれ、金持ちからしか盗まないという独特な美学を持つ名高い宝石泥棒であった。警察に捕まり収監されたこともあったが、戦時下の爆撃のさなかに刑務所を抜け出して野に下り、レジスタンスとともに戦って英雄となった。その功によって事実上の恩赦が下り、今は仮出所の扱いながらも自由の身となり、リヴィエラを見下ろす高台の屋敷で悠々自適な生活を送っている。
続きを読む To Catch a Thief (1955) / 泥棒成金

Rear Window (1954) / 裏窓

『裏窓』(うらまど、Rear Window)は、1954年のアメリカ映画。ニューヨークのとあるアパートを舞台にしたサスペンス。ウィリアム・アイリッシュによる同名の小説を原作とする。

 ・ amazon : Rear Window (1954) / 裏窓

Rear Window (1954) / 裏窓のあらすじ

カメラマンのジェフ(ジェームズ・スチュアート)は事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。

ある日、向かいのアパートの一軒のいつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信。恋人リザ(グレース・ケリー)と共に調査に当たる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする2人に危機が迫り……。

Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!

『ダイヤルMを廻せ!』(ダイヤルエムをまわせ!、原題:Dial M for Murder)は、1954年に制作されたアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス・ミステリー映画。原作はフレデリック・ノットによる同じタイトルの舞台劇で、ノットは本作の脚本も手がけている

 ・ amazon : Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!

Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!のあらすじ

元テニス選手のトニー(レイ・ミランド)と資産家の娘マーゴ(グレース・ケリー)は一見仲の良い夫婦であったが、夫婦仲は冷めており、マーゴは推理作家マーク(ロバート・カミングス)と不倫の恋に陥っていた。それを知ったトニーはマーゴの殺害を企て、旧友レズゲート(アンソニー・ドーソン)の弱みにつけこんでマーゴの殺害を依頼する。しかし襲われたマーゴがとっさにハサミでレズゲイトを殺害してしまう。その事故に機転をきかせたトニーは、その事件を正当防衛ではなく、動機ある殺人となるように仕向けるのだった・・・。

I Confess (1953) / 私は告白する

『私は告白する』(わたしはこくはくする、原題:I Confess)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1953年のアメリカ映画。原作はポール・アンセルムの1902年初演のフランスの戯曲『Nos Deux Consciences』。

 ・ amazon : I Confess (1953) / 私は告白する

I Confess (1953) / 私は告白するのあらすじ

カナダ・ケベック市の敬虔な神父マイケル・ローガン(モンゴメリー・クリフト)は、ある夜、教会で働くオットー・ケラー(O・E・ハッセ)から強盗殺人を犯したとの告解を聞く。事件を担当するラルー警視(カール・マルデン)は犯行時に犯人が僧衣をまとっていたことを突き止め、マイケルに疑いがかかる。だが、マイケルはケラーの告白を他言することができない。そのうえ、犯行のあった夜にマイケルが国会議員の妻ルース(アン・バクスター)と逢っていたことがわかり、警察からの容疑が深まってしまう。ルースはマイケルの無実を証明するために良人、検事、警視、マイケルらの前で、マイケルが聖職を志す以前の過去の恋を打ちあける。そして、事件の被害者であるヴィレット弁護士が、この過去の恋を材料にして2人を脅喝し続けていた事実も判明する。ヴィレット弁護士が殺害された晩は、その対策を相談するために逢っていたのである。マイケルは起訴されたが、確証がないため無罪の判決を受けた。だが民衆は承知せず、マイケルに罵声をあびせかけた。事件の真実を知るケラーの妻が真相を話そうとしたが、ケラーに拳銃で撃たれ殺されてしまう。ケラーはホテルへ逃げ込み、ラルー警視はマイケルらとともにケラーを追った。マイケルはケラーを説得しようとしたが、逆上したケラーは自らの罪をラルー警視の前で暴露し、マイケルに拳銃を撃ってきた。ケラーはラルー警視の命令によって包囲する警官の銃弾に倒れた。

Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

『見知らぬ乗客』(みしらぬじょうきゃく、Strangers on a Train)は、1951年制作のアメリカ映画。交換殺人をテーマにしたパトリシア・ハイスミスの同名小説をアルフレッド・ヒッチコックが映画化した。

 ・ amazon : Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

 ・ Youtube : Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客のあらすじ

アマチュアのテニス選手ガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は、浮気を繰り返す妻ミリアム(ケイシー・ロジャース)と離婚したがっていた。そうすれば上院議員の娘であるアンと再婚できる。ある日、ガイは列車の中でブルーノ(ロバート・ウォーカー)という男性に出会う。ブルーノはガイがミリアムと別れたがっていることをなぜか知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリアムを殺そうと交換殺人を持ちかける。そうすればお互いに動機がないので、捕まる心配もないという訳だ。ガイはブルーノが冗談を言っていると思い、取り合わなかった。しかし、ブルーノは勝手にミリアムを殺してしまう。