「バーバラ・リー・ハント」タグアーカイブ

Frenzy (1972) / フレンジー

『フレンジー』(Frenzy)は、1972年公開されたイギリス映画であり、スリラー映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の最後から2番目の作品。久々に故郷のイギリスに戻って撮影し、評価を落としつつあったヒッチコックの復活作と評された。

原作はアーサー・ラ・バーンの小説『フレンジー』(原題:Goodbye Piccadilly, Farewell Leicester Square : 日本語訳が角川文庫から刊行された)。

 ・ amazon : Frenzy (1972) / フレンジー

Frenzy (1972) / フレンジー のあらすじ

ロンドン。かつて空軍で英雄だったが現在はうらぶれた生活を送っているリチャード・ブレイニー(ジョン・フィンチ)は、離婚した妻のブレンダ(バーバラ・リー・ハント)が絞殺される直前に会っていたため、ネクタイを使った連続殺人の容疑者として追われることになる。しかし犯人はブレイニーの友人ラスク(バリー・フォスター)だった。ブレイニーが逃亡を続ける間もラスクは犯行を重ね、ついには自分の罪をまんまとブレイニーに着せてしまう。事件を追っていたオックスフォード警部は逮捕されたブレイニーの態度を見て釈然としないものを感じ、再調査の結果、ラスクが真犯人と確信する。そこにブレイニーが脱走したという報が。オックスフォード警部は、復讐に向かったに違いないとラスクのアパートに急ぐ。そこで警部が見たものは、女性の死体とバールを持ったブレイニー。だが、死体を処理するためのケースを持って、ネクタイを締めていないラスクが二人の前に現れる。