「ポール・ニューマン」タグアーカイブ

Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン

『引き裂かれたカーテン』(ひきさかれたカーテン、原題:Torn Curtain)は、1966年のアメリカ映画。冷戦時代のドイツを舞台にしたスリラー映画。

 ・ amazon : Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン

Torn Curtain (1966) / 引き裂かれたカーテン のあらすじ

原子物理学者マイケル・アームストロング(ポール・ニューマン)は学術会議に出席するため、アシスタントで婚約者のサラ・シャーマン(ジュリー・アンドリュース)と共に船でコペンハーゲンに向かっていた。しかしコペンハーゲンに着く前、マイケルはある文書を受け取り、急に「ストックホルムで研究活動を続ける」と言い出した。コペンハーゲンに着いて早々、書店から受け取った本に隠された暗号に従い東ベルリン行の飛行機に乗るマイケルを不審に思ったサラは、彼のあとを追う。

到着した東ベルリンでは、西側記者も招いた記者会見でマイケルの亡命受け入れとカール・マルクス大学での教授職就任が大々的に発表される。困惑するサラを、東ドイツ保安省の役人ゲルハルトはマイケルと東側の研究に協力するのなら留まっても良いと諭す。しかし翌朝、マイケルはサラに「国に帰れ」と置き手紙を残し、監視役の目を感じつつ暗号が示した存在「π(パイ)」と接触するため、郊外の農園へと向かうのだった。

果たしてマイケルは売国奴なのか、科学者を装ったスパイだったのか。謎と危険に満ちた東側陣営の中で、サラは驚くべき事実を知る。