Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

『見知らぬ乗客』(みしらぬじょうきゃく、Strangers on a Train)は、1951年制作のアメリカ映画。交換殺人をテーマにしたパトリシア・ハイスミスの同名小説をアルフレッド・ヒッチコックが映画化した。

 ・ amazon : Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

 ・ Youtube : Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客のあらすじ

アマチュアのテニス選手ガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は、浮気を繰り返す妻ミリアム(ケイシー・ロジャース)と離婚したがっていた。そうすれば上院議員の娘であるアンと再婚できる。ある日、ガイは列車の中でブルーノ(ロバート・ウォーカー)という男性に出会う。ブルーノはガイがミリアムと別れたがっていることをなぜか知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリアムを殺そうと交換殺人を持ちかける。そうすればお互いに動機がないので、捕まる心配もないという訳だ。ガイはブルーノが冗談を言っていると思い、取り合わなかった。しかし、ブルーノは勝手にミリアムを殺してしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です