The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

『知りすぎていた男』(原題:The Man Who Knew Too Much)は、アルフレッド・ヒッチコック監督による1955年製作、1956年に公開されたアメリカ合衆国のサスペンス映画。

米国人マッケナ医師役のジェームズ・ステュアート主演、同夫人役をドリス・デイが務めた。作中でドリス・デイが歌う『ケ・セラ・セラ』は第29回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。

 ・ amazon : The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男 のあらすじ

当時仏領のモロッコへ息子連れで観光にきていたマッケナ一家は、謎のフランス人ベルナール(ダニエル・ジェラン)と昵懇になるが、スパイであった彼は「アンブローズ・チャペル」という謎の言葉を残して暗殺される。同時に息子ハンクが、一家に近寄っていたドレイトン夫妻一味によって誘拐されてしまう。

警察に頼る訳にもいかず、「アンブローズ・チャペル」という言葉を頼りに、ロンドンに飛んだ夫妻(ジェームズ・ステュアート、ドリス・デイ)は息子の捜索を開始するが、要人暗殺という巨大な陰謀に飲み込まれていく……。

関連記事

  1. North by Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

  2. Rear Window (1954) / 裏窓

  3. Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

  4. I Confess (1953) / 私は告白する

  5. The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

  6. Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。