Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!

『ダイヤルMを廻せ!』(ダイヤルエムをまわせ!、原題:Dial M for Murder)は、1954年に制作されたアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス・ミステリー映画。原作はフレデリック・ノットによる同じタイトルの舞台劇で、ノットは本作の脚本も手がけている

 ・ amazon : Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!

Dial M for Murder (1954) / ダイヤルMを廻せ!のあらすじ

元テニス選手のトニー(レイ・ミランド)と資産家の娘マーゴ(グレース・ケリー)は一見仲の良い夫婦であったが、夫婦仲は冷めており、マーゴは推理作家マーク(ロバート・カミングス)と不倫の恋に陥っていた。それを知ったトニーはマーゴの殺害を企て、旧友レズゲート(アンソニー・ドーソン)の弱みにつけこんでマーゴの殺害を依頼する。しかし襲われたマーゴがとっさにハサミでレズゲイトを殺害してしまう。その事故に機転をきかせたトニーは、その事件を正当防衛ではなく、動機ある殺人となるように仕向けるのだった・・・。

関連記事

  1. The Trouble with Harry (1955) / ハリーの災難

  2. The Man Who Knew Too Much (1955) / 知りすぎていた男

  3. Rear Window (1954) / 裏窓

  4. I Confess (1953) / 私は告白する

  5. Vertigo (1958) / めまい

  6. The Wrong Man (1956) / 間違えられた男

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。